オフィシャルブログ 全力目利き人

2017.09.25

鯖松前寿しが「至福の鯖だし茶漬け」へ!

そのまま食べても美味しい鯖松前寿し。魚庵の鯖寿司の中でお求めやすい価格なこともあり「気軽に買える」「リピートしました」など、好評でございました。

そして、魚庵の目利き人が更なる味わいを求め探求した結果、
魚庵初の「棒寿しを2度楽しめる味わい方」に辿りつきました!
その背景には、鯖松前寿しをお届けすることとなりましたきっかけがありました。

上質な脂の質が確保できる「金華山沖」の鯖。金華山沖の鯖の中で、大型600g以上のものは『金華鯖』といわれ、非常に脂があり、とても美味しいです。
このままでも充分美味しい金華鯖ですが、お客様から「金華鯖の棒寿しは私にはちょっと特大過ぎたわ」「脂のりがよ過ぎる鯖はちょっと苦手…」などのお声をいただきました。


本当に「旨い魚」を皆さんに届けたい!食べていただきたい!
その想いを形にすべく、金華鯖の中でもしつこ過ぎず、さっぱりとお召し上がりいただける鯖を厳選しました。

また、魚の素材の美味しさを活かすためのこだわりも大切にし、魚との相性が抜群で、京料理の求肥巻に使用されている「求肥昆布」で鯖を巻いた棒寿しをつくりました。

「鯖は嫌いではないけれど苦手」「鯖寿司はあまり食べない」という方にも、美味しい鯖を味わっていただきたく「金華鯖棒寿し」とは一味違う「鯖松前寿し」をお届けすることとなりました。

そして、目利き人が鯖寿司の新たな味わいを探求し続けた結果、とても素朴な食べ方ですが、その中にほっとする優しい味わいとなる「だし茶漬け」に出会いました。

鯖と昆布が重なる味が、こだわりの国産原料6種をブレンドした化学調味料・保存料不使用のだしに染み込み、しっかりとした味の中にも優しく、さらっと食べてしまうだし茶漬けとなっております。

<鯖だし茶漬けを楽しもう!>
まずは、鯖松前寿しをそのままご堪能ください。
お酒の肴などで、鯖と昆布だけをお召し上がりいただくこともおすすめです。

残ったご飯と鯖松前寿しをお茶碗へ入れて、沸かしたお湯が注がれた急須にだしパックを入れ数分待ちます。鯖松前寿しが入ったお茶碗へだしを注ぎ30秒ほど染み込ませたら出来上がりです!鯖松前寿しを2度お楽しみください!!



「至福の鯖だし茶漬け」をこちらよりどうぞ