オフィシャルブログ 全力目利き人

2019.05.10

鰆の旬は春だけではない?!



魚に春と書いて「鰆(さわら)。鰆の旬は春だけではないのです!その理由は・・・

 

鰆は回遊魚のため、旬の時期は春だけではなく地域によって異なり、産卵後となる夏以外は美味しいといわれる魚です。

 

西日本では、晩春から初夏にかけて産卵のため、瀬戸内海に大量に押し寄せため、春が旬とされています。

 

また、岡山では古来より魚卵や白子と共に鰆を食す文化があり、刺身・酢の物・すしの具など様々な料理で利用されるため、魚屋、スーパー、デパートなどに必ず置かれています。

 

いっぽう、関東などでは主に白身の味を楽しむほうが主体なので、産卵期前の脂ののった「寒鰆」と言われる12月から2月の真冬が旬とされています。

 

寒鰆として有名な漁場は、東シナ海の済州島沖になり,12月に15℃冷水の南下先端部である済州島南西沖に鰆の漁場が形成されます。済州島沖は、暖流と寒流が交わる海域のためプランクトンが大量に発生し、脂ののった魚が大きく育ちやすい非常に良い漁場です。

 

しかし、近年では温暖化の影響で海水温があがり、鰆の漁獲は済州島沖から日本海にかけて広がっており、韓国などから大型で良質な鰆が入ってくるようになりました。



 

魚庵では、済州島沖で獲れた大型で脂がのっている寒鰆を、通年お召し上がりいただける西京漬けと粕漬けに。



脂ののった鰆には、甘味のある西京味噌の相性が良く、代表的な食べ方であるさわらの西京焼きを是非お試しくださいませ。

 

漬け魚 鰆のご購入はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

魚庵

~本当の魚の美味しさを伝えるために~

 

お電話のお問い合わせ:0120-373-397

メールでのお問い合わせ

 

大切な日のご贈答用ギフトセット

初めてのご注文の方はこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇