オフィシャルブログ 全力目利き人

2017.11.11

11/11は鮭の日!旬の秋鮭を食べよう!

11月には魚に関する記念日がたくさん制定されています。


中でも11/11は、お子様も大好きな「鮭の日」。鮭の日と、この時期に鮭を食べたい理由をご案内していきます。


「鮭の日」は大阪発祥!


「鮭の日」を制定したのは、「鮭の日制定委員会」です。「鮭の日制定委員会」とは、大阪市の中央卸売市場に関係する会社や組合などが活動母体となって発足したもの。


「鮭の日」が初めて制定されたのは平成4年のことでした。平成15年、鮭の日は日本記念日委員会によって正式な記念日の仲間入りを果たしました。


ところでなぜ11/11が鮭の日なのでしょうか?


それは、「鮭」という漢字の右側(つくり)をバラバラにすると、「十一十一」になるため、11/11を鮭の日と制定したそうです。



「鮭の日制定委員会」は鮭の日制定後、名前を変えて「鮭の日委員会」となりました。


「鮭の日委員会」は毎年近畿を中心に、鮭にまつわる広報活動などを行っています。


現在、鮭の日の知名度は関西だけにとどまりません。鮭の日にあわせて鮭にまつわる特別な展示をする水族館などもあるようですので、鮭の日はお子様にとっても興味深い日になるといいなと思います。


鮭の日には鮭を食べよう!


脂ののった鮭は、やはり旬の時期においしく食べるのが一番。鮭の日のある11月は、ちょうど秋鮭の旬の季節です。11/11は鮭の日と覚えていただき、おいしい鮭を食べる機会にしていただけたら嬉しいです!


魚庵の漬け魚「紅鮭」に使用しているのは、脂がしっかりとのった天然の紅鮭です。沖獲りの美しい赤身、ふっくらした食感をもつ鮭を特製の「漬け味噌」にじっくり漬け込んだ「紅鮭 西京漬


もちろん魚庵の「紅鮭 粕漬け」にも、とっておきの食材を使用。創業300年の酒造からご提供いただいたコクと旨味たっぷり、なのに魚本来の味の邪魔をしない酒粕を使っています。



11/11の鮭の日に、魚庵のおいしい鮭はいかがですか?