オフィシャルブログ 全力目利き人

2017.05.23

西京漬と粕漬

棒寿しと並んで、魚庵の人気商品、漬け魚。魚庵では「西京漬」と「粕漬」をご用意しております。西京漬も粕漬もあまり馴染みがないという方、漬け魚の魅力を知ってぜひ魚庵の「西京漬」と「粕漬」をお楽しみくださいませ。



西京漬けとは・・・京都及び関西地方を中心として広く作られる、米糀を多く配合した白黄色の甘口味噌のことを西京味噌といいます。味噌汁用の味噌が12%前後の塩分であるのに対し、西京味噌は5%前後と塩分が低いことが特徴です。その西京味噌にみりんや酒などを加え、魚の切り身を漬け込んだものを「西京漬」といいます。

老舗味噌蔵ならではの白味噌の甘味と旨味が染みた、西京漬け

魚庵の西京漬は、100年以上続く大阪の老舗味噌蔵『一久味噌醸造』様にお願いして、上品な西京漬けに合うような、ほのかな甘みの中に味噌の旨みやコクが詰まった味噌をベースに、酒やみりんを合わせた特製の魚庵用『漬け味噌』を作っていただいたものを使用しています。

粕漬けとは・・・酒粕またはみりん粕に食材を漬け込んだものを「粕漬け」といいます。日本各地で作られ、魚だけではなく、野菜・果実・肉なども使用されています。粕漬けの手法で作った代表的なものは「日本の漬物」です。



名門酒造の酒粕が持つふくよかな旨みとコクがしっとり馴染んだ、粕漬け

享保三年(1718年)から約300年続く喜多酒造様から分けていただいている酒粕はコクや旨みはとてもありますが、魚を邪魔せず、引き立ててくれる酒粕に出会いました。創業された 初代・喜多利兵衞さんは生来のこだわり者で、水と米を選りすぐり、自身が納得いくまで酒屋として旗揚げしなかったそうです。魚庵も納得できる魚でないと作らない思いがあり、非常に近くこだわりがある者同士が惹かれ合った結果に生まれた粕漬です。

ごはんのおかずやお酒のお供に、お家で焼いたばかりのほくほくの西京漬や粕漬はいかがでしょうか。こだわりの材料で作った魚庵の西京漬と粕漬をぜひご堪能くださいませ。

初めてのお客様へは「こだわりの熟成 漬け魚お試しセット」をご案内しております。

西京漬セット粕漬セットがございます。

ぜひ1度お試しいただき、お好きな漬け魚を見つけてください!!

 

「こだわりの熟成 漬け魚お試しセット」のご購入はこちら