お中元 お歳暮 マナー特集

日頃からお世話になっている方へ、
普段なかなか伝えることができない
感謝の気持ちをお中元やお歳暮にこめて
贈ってみてはいかがでしょう。
お中元・お歳暮は離れて暮らす両親や親戚、
お世話になっている上司や恩師など、
目上の方に贈ることが多いため、
失礼のないようにマナーには気をつけたいですね。

お中元とお歳暮の基本

お中元とお歳暮の違い

お中元

年頭から中元(旧暦の7月15日)までの、半年間お世話になったお礼に品物を贈ります。
『夏の暑さで体調を崩さないように』という、季節の挨拶の意味合いもあります。

お歳暮

一年間の感謝の気持ちを込めて、品物を贈ります。
また、『来年もよろしくお願いします』と言う意味合いも含まれています。
お歳暮は一年の締めくくりであるため、お中元よりも相場が高い傾向にあります。

お中元とお歳暮の時期

お中元

関東 7月初旬~7月15日頃まで
関西 7月下旬~8月15日頃まで

さらに詳しい地域別の目安はこちら

  • ◆北海道 7月15日~8月15日
    ◆東北・関東 7月1日~7月15日
    ◆北陸・甲信越 7月1日~7月15日
    (場所によって7月15日~8月15日)
  • ◆東海・関東 7月15日~8月15日
    ◆中国・四国 7月15日~8月15日
    ◆九州 8月1日~8月15日
    ◆沖縄 旧暦の7月15日まで

お歳暮

関東 12月初旬~12月20日頃まで
関西 12月13日~12月20日頃まで

>魚庵は1件ごとに配送日が選べるので、異なる地域の贈り物にも最適です。

お中元・お歳暮の金額の目安

平均的には3,000円~5,000円のものを贈る方が多い。
特別にお世話になっている方には5,000円~10,000円が良いでしょう

◆5,000円~10,000円
特にお世話になっている方へ
◆5,000円前後
仲人やお世話になっている上司へ
◆3,000円~5,000円
ご両親・親戚・兄弟・仕事の取引先・お稽古の先生へ

一番大切なのは、「感謝の気持ち」なので、相手を思ったギフト選びが一番です!

魚庵のお中元は価格から選べます。

お中元・お歳暮を贈る相手

親や親戚、結婚式の仲人や恩師、会社の上司や仕事の取引先、お稽古の先生など

日頃お世話になっている方へ、お礼や挨拶として贈ります。

魚庵のお中元はシーンや好みに合わせて選べます。

熨斗・宛名書き

水引は紅白の蝶結びが一般的です。

蝶結びは簡単に結んだり解いたりが可能なので「何度あっても良い」という意味で
「来年も贈れますように」という思いを込めて、お中元・お歳暮に使われています。

  • 御歳暮 魚庵 太郎
  • 御中元 魚庵 太郎 魚庵 花子
  • 赤金の水引で
    何度でも結べる蝶結びが一般的

>魚庵では蝶結びと、結び切りからお選びいただけます。

魚庵のお中元・お歳暮は
このような形でお届けします。

届いたときの印象も大切にしています。
ギフトボックス、外装箱にも
こだわっています。

  • ご贈答用外装箱

  • 包装紙

    ギフトボックス

オリジナルギフトボックスに入れ、丁寧に包装し、ご贈答用外装箱に入れてお届けします。お中元、お歳暮などのご贈答に最適です。

届いたときのさらに上質な印象を与える風呂敷(別途料金)ご用意しています。

こんな時どうする?お中元・お歳暮

贈る時期を逃してしまったとき

贈る時期により、表書きを変えて贈りましょう。

お中元

7月初旬~7月15日まで
「御中元」
7月中旬~8月8日まで
「暑中御見舞」「暑中御伺い」
8月上旬~9月上旬まで
「残暑御見舞」「残暑御伺い」

お歳暮

12月初旬~12月25日まで
「御歳暮」
12月下旬~1月7日まで
「御年賀」
1月上旬~2月4日まで
「寒中御見舞」「寒中御伺い」

>魚庵の熨斗は表書きをお選びいただけます。

相手や自分が喪中のとき

お世話になった方へのご挨拶なので、
喪中でも贈っていただけます。

お中元は、お世話になった人や上司、取引先などに挨拶の品やお礼の品を贈るものなので、 喪中の人が贈るのも、喪中の相手あてに贈るのも大丈夫です。慶事用の紅白の水引は避け、無地のかけ紙で贈りましょう。先方にご不幸があったばかりで四十九日を過ぎていないようでしたら、忌明け後に暑中見舞い、寒中見舞いとして贈りましょう。

>魚庵では喪中用の無地のかけ紙もご用意しています。

お店から直接贈るとき

お中元・お歳暮用の熨斗・包装紙をつけてもらいましょう。送り状も忘れずに

風呂敷に包んで持参できれば良いですが、最近はインターネットで贈る人も増えてきています。その際は先に手紙で送り状を送るか、カードを同封すると良いでしょう。

お中元・お歳暮を頂いたとき

すぐにお礼状を出しましょう。お返しをする場合は、半額程度の贈り物が良いでしょう

お中元をいただいたら、先方に連絡を入れてお礼を述べ、後日お礼状を出しましょう。

基本的にお返しの必要はありませんが、お返しをしたい場合には、「私の方こそお世話になっています」という意味で「御中元」と表書きのうえ、半額程度の贈り物をするようにしましょう。相手より高いお返しは「次からお中元は要りませんよ」という意味になり失礼に当たりますので気をつけましょう。

ここが注意!お中元・お歳暮

  • ・目上の方へ贈る場合、「金券類」や踏みつけることに通じる「履物類」、勤勉奨励を意味する「筆記用具」や「時計類」は避けましょう。
  • ・政治家や公務員、学校の先生などの公の立場にある方への贈り物は公職選挙法や公務員規定に抵触する可能性があるため、事前に確認しましょう。
  • ・お中元やお歳暮を贈る時期は、相手が夏休みや冬休みで家を長期留守にする可能性があります。生鮮食品を贈る場合は、事前に確認するのが良いでしょう。

>魚庵のギフトは冷凍で賞味期限が30日もあり、お受取りの心配もなく便利です。

2017年 魚庵のお中元はこちら

  • 6/30まで 早割 20%OFF 目利き人厳選 お中元特集「あなたの選ぶものは美味しい」と言われる贈り物を